ポリシーと規約

almond hostel lobby

基本ポリシー

1. 適用範囲
①当ホステルが宿泊客との間で締結する宿泊に関連する契約は、この基本ポリシーの定めるところによるものとし、この基本ポリシーに定めにない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。
②当ホステルが、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、 前項の規定にかかわれず、その特約が優先するものとします。
2. 宿泊契約の申し込み
①当ホステルに宿泊契約の申し込みをしようとする者は、当ウェブサイト予約画面、提携インターネット代理店、又はフロントにて申し込みを行うことができます。
②申し込みをしようとする者が16歳以下の場合、同伴者の予約も必要とする。
③宿泊客が、宿泊中に予約していた日程を越えて宿泊の継続を申し入れた場合、当ホステルは、その申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申込みがあったものとして処理します。
3. 宿泊契約の成立等
①宿泊予約は、予約完了画面まで進んだ時点で成立するものとします。その際、確認のメールをお送りしておりますが、お客様のメール設定(迷惑メール設定など)が原因でメールが届かない場合でも、予約は成立しております。
②前項の規定により宿泊契約が成立しても、宿泊予約日の7日前まではいつでもキャンセルを無料で承ります。7日前を過ぎますと宿泊料金をキャンセル料金として請求させていただきますので、当ホステルが指定する日までに、お支払いただきます。
4. 宿泊契約の解除及び、締結の拒否
当ホステルは、次に掲げる場合において、宿泊契約を解除することや宿泊の締結に応じないことがあります。
①宿泊申込みが、この約款によらないとき。また、施設の利用規則に従わないとき。
②満室により客室に余裕がないとき。
③天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。
④宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
⑤宿泊しようとする者が次のイからハに該当すると認められるとき。
イ.暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)
同条第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。) 、 暴力団準構成員または暴力団関係者その他の反社会的勢力
ロ.暴力団または暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき。
ハ.法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
⑥宿泊しようとする者が他の宿泊客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
⑦宿泊しようとする者が伝染病者であると明らかに認められるとき。
⑧宿泊しようとする者が火災発生のリスクがある物を持ってるとき。(ガス、フュエルなど)
⑨宿泊しようとする者が自分自身を制御出来ないほど泥酔、酩酊状態であるとき。
⑩宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、または合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
⑪宿泊者が禁煙区域にて喫煙したことが発覚したとき。
⑫過去に宿泊契約の解除になった者が宿泊しようとしたとき。
5. 客室の使用時間
①宿泊客が当ホステルの客室を使用できる時間は、宿泊当日16時から最終宿泊日の翌日11時までとします。
②当ホステルは、前項の規定にかかわらず、同項の定める時間外の客室の使用に 応じることがあります。この場合には追加料金を申し受けます。
6. 利用規則の遵守
宿泊客はホステル内においては、当ホステルが定めてホステル内に掲示した利用規則に従っていただきます。
7. 料金の支払い
①宿泊料金等の支払は、オンラインによる予約時における事前決済、又は到着の際、フロントにおいて行っていただきます。通貨又はクレジットカード等これに代わり得る電子マネーでお支払いいただけます。
②当ホステルが宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金を申し受けます。
8. 寄託物等の取扱い
宿泊客がフロントにお預けになった物品について、減失、毀損等の損害が生じた場合、当ホステルは、その種類及び価額の明告を求め、それが不可抗力である場合を除き、1万円を限度としてその損害を賠償します。
9. 宿泊客の手荷物又は携帯品の保管
①宿泊客の手荷物が、宿泊に先だって当ホステルに到着した場合は、保管し、宿泊客がフロントにおいてチェックインする際お渡しします。
②宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当ホステルに置き忘れられていた場合において、所有者の指示がない場合又は所有者が判明しない時は、2週間程度保管したのち処分させていただきます。
10. 宿泊客の責任
宿泊客の故意又は損失により当ホステルが損害を被ったときは、当該宿泊客には当ホステルに対し、その損害を賠償していただきます。

キャンセルポリシー

1. 一般キャンセルポリシー
宿泊予約日の7日前まではいつでもキャンセルを無料で承ります。7日前を過ぎますと宿泊料金をキャンセル料金として請求させていただきますので、キャンセルの場合は7日前までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。チェックイン最終時刻までにお越し頂けなかった場合、不泊(当日キャンセル)の扱いとなる場合がございますので、チェックイン予定時刻を過ぎる場合は、必ず宿泊施設へご連絡をお願いします。 当日のキャンセルについても宿泊料金の100%を請求させていただきます。
2. 事故・災害時、緊急時におけるキャンセルポリシー
①次に掲げるやむを得ない状況により宿泊をキャンセルする場合、7日前を過ぎていてもキャンセル料の減免を申し受けます。
イ.出発地から当施設への経路において地震、台風、雪暴風、津波、洪水等の災害により、交通機関が利用できなくなりキャンセルしようとするとき(交通機関の問題による欠航、遅延によるキャンセルの場合は一般キャンセルポリシーの適用となります。)
ロ.直系親族の死亡によりキャンセルしようとするとき
ハ.国家義務によりキャンセルしようとするとき
ニ.深刻な疾病によりキャンセルしようとするとき
②キャンセル料の減免にあたり客観的事実の確認が取れない場合、証明書等の提出を求める場合があります。
③減免後のキャンセル料金については、キャンセルの理由となる事象の発生から、当ホステルへキャンセルの申し出を頂くまでの時間によって、キャンセル料金を再計算いたします。事象発生から3日(72時間)経過してからのキャンセルについては一般キャンセルポリシーの適用となります。
発生から連絡までの時間24時間以内48時間以内72時間以内72時間以降
キャンセル料金無料50%70%100%

プライバシーポリシー

1. 個人情報の提供をお願いする場合
当ホステルでは宿泊予約時・施設のご利用時、お客様から直接個人情報をご提供いただくほか、当社と契約を締結した旅行会社等の企業より個人情報の提供を受けることがあります。
2. 個人情報の取得方法
当ホステルでは、電話、インターネット等によるお客様からの直接取得、また、提携先およびパッケージ商品等の受付事業者等、お客様から正当な権限を付与された者からの取得の方法により個人情報を取得します。
3. 個人情報の利用目的
当ホステルでは、取得した個人情報を以下の目的で利用します。
①当ホステルの施設および商品に関する取引(宿泊、飲食、物品販売、その他付帯商品の提供・販売、サービスの提供、催事の実施等)、当ホステルと提携する事業者との取引およびその他の取引に関連して行う連絡、商品の発送および代金の支払い・清算、その他これらに関連する事項のため
②当ホステル施設および商品に関するサービス等の改善および開発等を目的として、そのサービス等の利用状況を把握および分析するため
③法令等に定められた宿泊者名簿の作成、備え付けおよび保存のため
④当ホステルへのお問い合わせ、依頼等への対応のため
⑤上記以外でお客様の同意があった場合
4. 個人情報の利用の法的根拠
当ホステルにおける個人情報の利用は、原則として、お客様の同意をその法的根拠としています。お客様の同意がない場合における個人情報の利用は、お客様との契約の履行のための必要性、契約締結前のお客様の求めに応じた手続きの履践のための必要性、当ホステルもしくは第三者によって求められる正当な利益のための必要性または当ホステルが従うべき法的義務を遵守するための必要性をその法的根拠としています。この当ホステルまたは第三者によって求められる正当な利益には、サービスの改善等による営業利益の増加等ならびに当ホステルのウェブサイトの利便性およびセキュリティの向上等が該当します。
5. 個人情報の種類
当ホステルが取得し保有する個人情報には、以下のものが含まれます。
①お客様等基本情報(住所、氏名、性別、生年月日、国籍、電子メールアドレス、電話番号等)
②お客様等付加情報(職業、勤務先情報等)
③お支払情報(クレジットカード番号、請求書送付先等)
④サービス利用情報(施設利用状況、商品購入状況等)
⑤連絡内容(電子メール、ウェブサイトのフォーム入力内容等)
⑥セキュリティシステムを使用して収集される情報(防犯カメラ、キー情報等)
⑦当ホステルのウェブサイトにおいて自動的に収集される情報(クッキー、IPアドレス、ブラウザの種類、アクセス日時等)
⑧宿泊名簿記載事項(住所、氏名、職業、国籍、旅券番号、年齢、前泊地、行先地、到着日時、出発日時、客室名等)
6. ホテル宿泊のために提供が必要となる個人情報
当ホステルは、お客様に対して宿泊サービスを提供するために、以下の情報を必要とします。特に、宿泊名簿記載事項につきましては、法令により、その記録およびその記録の3年間の保管が義務付けられています。これらの情報が提供されない場合には、当ホステルは、お客様に対して宿泊サービスを提供することができない場合があります。
①お客様基本情報(住所、氏名、性別、生年月日、国籍、電子メールアドレス、電話番号等)
②宿泊名簿記載事項(住所、氏名、職業、国籍、旅券番号、年齢、前泊地、行先地、到着日時、出発日時、客室名等)
7. 個人情報の保護・管理について
お客様の個人情報の管理にあたっては、適切な管理を行なうとともに、外部への流失の防止のために最大限の注意を払っています。
①個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の防止に努め、必要な安全管理策を実施します。
②個人情報の処理等を外部委託する場合には、適切な管理水準にあると認められる事業者を選択し、契約書等で個人情報の取扱いに関する事項を定め、安全性について万全を期します。
8. 個人情報の提供・開示について
お客様からご提供いただいた個人情報は、お客様の事前の同意がある場合、法令に基づき要請された場合のいずれかに該当する場合を除き、いかなる第三者にも提供または開示いたしません。
9. EEA(欧州経済領域:EU加盟国およびアイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン)域内に所在する個人情報の移転
当ホステルは、EEA域内に所在する個人(以下、本条において「お客様」と呼ぶ)との契約の履行のためまたは契約締結前のお客様の求めに応じた手続の履践のために、日本国以外で取得した個人情報を日本国へ移転します。日本国は、個人情報の保護に関して十分なレベルを保証しているとの欧州委員会による決定を受けておりませんが、当ホステルは、適切なセキュリティおよび秘密保持の措置を用いてお客様の個人情報を取扱います。
10. 個人情報の保持期間
当ホステルは、個人情報をその利用目的の達成に必要な期間に限り保持し、保持期間経過後の個人情報については、合理的な期間内に、安全な方法で消去または匿名化の措置を取ります。
11. 個人情報へのアクセス、個人情報の訂正または消去、個人情報の利用の制限の要求、個人情報の利用への異議申立てならびにデータポータビリティ
お客様は、当ホステルに対して、法令等に基づく以下の権利を有しております。お客様は、当ホステルのウェブサイトのフォームを用いて、または、当ホステルの個人情報に関するお問い合わせ先に連絡することにより、これらの権利を行使することができます。当ホステルは、これらの権利の行使を受けた場合には、法令等に従い、お客様ご本人であることを確認した上で、誠実に対応します。
①お客様の個人情報が利用されているか否かを確認し、利用されている場合には、その個人情報およびそれに付随する情報にアクセスする権利
②お客様の不正確な個人情報を訂正させる権利
③一定の場合にお客様の個人情報を消去させる権利
④一定の場合にお客様の個人情報の利用を制限させる権利
⑤当ホステルまたは第三者によって求められる正当な利益を根拠とするお客様の個人情報の利用に異議を申し立てる権利
⑥お客様が当ホステルに提供した個人データについて、構造化され、一般的に利用される機械的可読性のある形式で受け取り、また、その個人データを当ホステルの妨害なしに他の事業者に移行する権利
12. 同意の撤回
お客様は、いつでも、個人情報の利用に関する同意を撤回できます。その同意の撤回は、撤回前の同意に基づく個人情報の利用の合法性に影響を与えません。お客様は、当ホステルの個人情報に関するお問い合わせ先に連絡することにより、同意を撤回することができます。
13. 監督機関への不服申し立て
お客様は、当ホステルの個人情報の取扱いについて、法令等に従って、国、地域または国際組織等の監督機関に不服を申し立てることができます。
14. プロファイリング等の自動化された決定の存在
当ホステルは、個人情報のプロファイリング等の自動化された取扱いのみに基づいた意思決定を行うことはありません。
15. 個人情報の取扱いに関する規程について
個人情報に関連する法令、ガイドライン等の関連する規範に基づき、個人情報の保護および取扱いに関する社内規程を定めると共に、必要に応じてこの規程を見直し、継続的に改善します。
16. 法令等の遵守について
個人情報の取扱いに関しては、関連する法令、規範および社内規程を遵守します。